イギリスのカツカレー

カツカレー警察マンチェスター署パトロール隊員を勝手に自称しています。
かれこれ2〜3年ほど前からイギリスで「カツカレー」というただのカレーが出回っていることにお気付きの在英邦人の方も多いと思います。
カリフォルニアロールやスパゲティナポリタンはじめ、各国でローカライズされたエスニック料理はたくさんあり、それらを否定するつもりは毛頭ありません。むしろ独自の発展を遂げる逞しさや国際性には感心します。
しかーし!
カツカレーだけはいまだ納得がいきませーん!
だってカツが入ってないんですよ。詐称ですよ、カツなしカツカレーは。天ぷらのない天丼、油揚げのないきつねうどんと同じ。なんならハンバーグのないハンバーグ定食に準じます。イギリス人に分かるように言えば、卵の入ってないスコッチエッグ、ソーセージのないソーセージロールでしょうか。甚だinsultingです。
イギリスでイギリス風にアレンジした日本のカレーが出回るのは大いに結構なのですが、カツなしカレーをカツカレーと呼称するのには抵抗感しかありません。それならただの「カレー」とするか、もしくはまるで別の名前を付けろ。ペティションでも募りますか。朝から熱くてスミマセン。

Price:
Food:
Service:
Family Friendly:
Tourist Friendly: